鼻の悩みを改善できる鼻整形|コンプレックス解消施術

鼻の形を変えたい

目を閉じる婦人

鼻の形を変える方法

最近では鼻の形にコンプレックスを抱いている方が少なくありません。このため最近では鼻整形が流行ってきています。鼻整形は鼻が小さかったり、鼻が低かったりして自分の鼻の形が好きではないという方などがクリニックに通って整形されています。鼻整形では二種類の方法があります。一つは鼻の中にシリコンを埋入する方法と、もう一つは耳の軟骨や鋤骨部分の軟骨を埋入する方法があります。しかしこれらの方法は手術ですから、施術をした場合には、一週間程度、鼻に包帯を巻いておかなければならないという点があります。その他施術後は数日間痛みが伴うということにも注意します。これらの方法以外にはヒアルロン酸を鼻の中に注入するという方法があります。この方法の特徴は時間が経ったら元に戻ってしまうという点があります。しかし気にいらなければ時間が経てば自然に鼻の形が元に戻るので大事な場面で鼻整形をするという方も中にはいるようです。このような理由から最近はヒアルロン酸注入による鼻のプチ整形が流行ってきています。

注意すべき点

鼻整形をやろうと思っている方は、事前に鼻整形に関しての情報収集を行うことを強くおすすめします。鼻整形でシリコンなどを埋入する場合は、鼻の皮膚が変色したり、シリコンが飛び出してきたり、鼻の形が変わるので、注意が必要です。シリコンは人工のものですから当然肌に合わない可能性はあります。そしてシリコンは時と共に劣化していくのが普通です。このような理由からシリコンの鼻整形は副作用が出る場合があるので注意が必要です。鼻整形で副作用がでないのは、軟骨などの自己組織を移植する方法です。軟骨の埋入による鼻整形では、施術時間は一時間程度かかるという点に注意します。これは麻酔によって眠っている時間が一時間程度あるということを意味します。施術後は通常1週間程度包帯のテーピングをして過ごします。二週間程度で施術部の抜糸を行います。実際には二週間程度はばたばたとした期間が続きますが、施術後の経過観察のためその後も定期的に通院をしなければならないという点にも注意します。